わたしたちの社会

限りなくワイドショー的なニュース保管所
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 佐世保銃乱射事件
    masa (03/30)
  • 「加藤の乱」で分裂 古賀、谷垣派7年ぶり合流へ
    yamada (09/27)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
年賀状が金券ショップにいっぱいの謎
12月13日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 金券ショップに年賀状が大量に集まっている――。今、こんなウワサがまことしやかに伝わっている。で、さっそくある金券ショップに年賀状取材を申し込んだところ「取材依頼の書面が必要」という。普段、取材には割と協力的なところだからガードの堅さにいささか驚いた。
 そこで郵便局員にジカあたりしてみた。年賀状を金券ショップに大量に持ち込むことができるのは彼らと踏んだからだ。すると、仰天話が出るわ出るわ。
「ノルマがもの凄いです。上は、年賀状販売の成果は『民営化の試金石だ』『キミたち郵便局員の営業力を見るためだ』とか言ってハッパをかけてくるんです。集配担当だけじゃなく、保険や貯金担当、さらにパートの“ゆうメイト”までノルマ漬け。本来の仕事のほかにやるんですから、ホント参っちゃいますよ」(30代局員)
 ノルマは郵便局と個人それぞれにあるそうだ。たとえば首都圏では1人5000〜6000枚から1万2000枚になる。自宅や親戚、知人などに売ってもさばける枚数ではない。となると、持っていく先は……。
 前出の30代局員が言う。
「(金券ショップに)段ボール箱ごと売りさばいたり、小分けしたりいろいろ。身元がバレないよう、東京の人は埼玉や千葉などへ、関東近郊の人は東京で売るんです」
 これって、売った局員は損するんじゃないか。
「そうですよ。局員はまず、年賀状を買い取ってノルマ分を達成する。無地の年賀状なら1枚50円だから、5000枚買い取れば25万円郵便局に支払うわけ。金券ショップは45円前後で買い取るから、だいたい2万5000円の持ち出し。痛いですよ」
 別の若手局員は「ネットで一番高く買い取ってくれる店を探して行くんです」と手の内を明かす。
 これって会社が禁じている“買い取り営業”、通称“自爆営業”ではないか。それでもノルマを達成しないと上司から皆の前で叱責罵倒され、査定にも響く。精神疾患になる人もいるようだ。やらざるをえないと嘆く。
 自爆営業は国会でも問題視された。郵政トップは「ノルマはない」と明言しているが、「目標はある」という。郵政残酷物語。年賀状は序章にすぎないかもしれない。

最終更新:12月13日10時0分
弁護士の橋下氏、大阪府知事選出馬を正式表明
12月12日11時55分配信 読売新聞

報道陣に囲まれ記者会見場に入る橋下徹氏 来年1月10日告示、27日投開票の大阪府知事選で、弁護士でタレントの橋下(はしもと)徹氏(38)が12日、府庁内で記者会見し、正式に立候補を表明した。

 橋下氏は「子どもが笑う街」をキャッチフレーズに掲げた上で、出産や育児の分野に予算を重点配分する姿勢を示し、「大阪を明るく元気にしたい」と抱負を語った。

 橋下氏は会見の中で、これまで出馬を否定してきた理由について、テレビ番組の調整に時間を要した点をあげ、最後はタレント仲間らの勧めで立候補を決意したことを明らかにした。

 知事選には弁護士の梅田章二氏(57)が共産党推薦で立候補を表明している。自民、公明両党は橋下氏を推薦する方針。民主党は独自候補の擁立を目指している。


最終更新:12月12日11時55分




橋下氏、出馬は「やしきたかじんに後押しされた」
12月12日11時10分配信 産経新聞
大阪府知事選へ出馬会見する橋下徹氏=大阪府庁 大阪府庁で12日に会見し、同府知事選への立候補を表明した弁護士でタレントの橋下徹氏(38)は、当初の不出馬の意向を一転させた理由について、会見の直前「やしきたかじんさんに電話で『今しかない』と後押しされた」と話していた。
 会見のため午前9時半過ぎ、タクシーで府庁の正面玄関に到着した橋下氏は、黒のスーツにエンジ色のネクタイ姿で、報道陣に囲まれると「大阪のためにがんばります。今の気持ちは緊張しています」と笑顔で話した。
 さらに、今月初旬に府知事選への出馬が取りざたされた際に否定してから、一転して出馬を決めた理由について聞かれると「やしきたかじんさんに電話で『今しかない』と後押しされた。それまで揺れていたのは、番組の調整がつかなかったら迷惑がかかるし。大阪を変えたいという気持ちは常にありました。大阪市長選のときも」と説明。会見でも「周囲の方々、特に私が出演している番組のスタッフに多大な迷惑をおかけしました。大阪のためにがんばりますのでご了承ください」と謝罪するなど、年末にむけて出演番組の再編集を余儀なくされるテレビ局との板ばさみで悩んだことをほのめかし、多忙なタレント弁護士らしい一面をのぞかせた。
 大阪府知事選は来年1月10日告示、27日投開票で、無所属での立候補を表明した橋下は自民と公明が推薦する見通し。民主は独自候補を擁立する方針を崩しておらず、共産が推薦を決定している弁護士の梅田章二氏(57)と合わせ、三つどもえの争いになる公算が大きくなった。





“同僚”北村弁護士「全く期待してない」…橋下氏の出馬に
12月12日8時1分配信 スポーツ報知

 日テレ系「行列のできる法律相談所」で橋下弁護士と共演する北村晴男弁護士(51)は11日、橋下氏の大阪府知事選出馬に「出れば通るだろうけど、全く期待していない」と激辛のコメントを出した。

 理由について「昔、橋下が『売春はODAみたいなもの』という発言を聞いた時、こいつ、頭がおかしいのかと思った。彼は思ったことをすぐに口にするタイプ。府知事になったら相当苦労するでしょう」と述べた。ただ、前言を撤回しての出馬については「出演するテレビ番組の調整もあったと思うので、仕方のないこと」とした。

 また、出馬が報じられた時に「政治家に向いている」と話していた弁護士の丸山和也参院議員(61)は「会見を見てから発言する」という理由でこの日はノーコメントとなった。

最終更新:12月12日8時1分




丸山氏、橋下氏に辛口エール「知事の器全然ない」
12月13日8時0分配信 スポーツ報知

 弁護士でタレントの橋下徹氏の大阪府知事選出馬に関して、同じ日テレ系「行列のできる法律相談所」で共演していた自民党の丸山和也参院議員(61)は12日、橋下氏について「(知事の)器? 全然ないね」と笑い飛ばした。

 この日、午前8時に橋下氏に電話したという丸山氏は「『若いので失敗してもいいから、一度やってみたい』と言ってたけど、それでいいと思う。人気が出てきたお笑い芸人の政治版みたいなものだから」と辛口のエール。ただ、橋下氏が全面否定しておきながら、急転出馬したことに対しては「出馬までいろいろあったんだろうけど」と理解を示しながらも「あれは批判されるだろう」と心配。橋下氏の選挙応援にも前向きな姿勢を見せた。

最終更新:12月13日8時0分




先輩・丸山氏「いっちょ応援してやるか」
12月12日19時12分配信 産経新聞

 大阪府知事選への立候補を表明した弁護士でタレントの橋下徹氏(38)について、同じテレビ番組「行列のできる法律相談所」に出演、今夏の参院選で当選した丸山和也弁護士(61)が12日午後、テレビ番組でエールを送った。
 丸山氏は不出馬から一転して出馬表明した橋下氏について、「『出る』『出ません』とすぐ変わった。これからもコロコロ変わるのでは、と不安を与えますよ」と話した後、「まあ彼の場合、いい意味では原則にこだわらない、状況をみて判断するという彼のよさももあるんですがね」と擁護した。
 さらに橋下氏の政治家志向については、「今年7月の参院選でも彼はやる気満々だった。逆にボクの方が誘われるくらいだった。立候補しなかったので『アレッ?』っと思った」と明かした。
 また今後について、丸山氏が「解散総選挙で衆院選にあったらどうするんだ」と尋ねたところ、橋下氏から「本業に専念する」との返事を受けたという。
 こうした状況での出馬表明について、会見直前での橋下氏への電話で「(当初は)『出れない』『無理だ』と思っていたのだが、何とかなりそうになったので」と釈明されたことも明らかにし、「失言ではないが、突っ走り発言はある。軽いと思われる部分はありますが、府民からすれば『頭角を現した若手芸人をいっちょ応援してやるか』という雰囲気になっていますね」とエールを送った。




橋下弁護士イメチェン失敗!?「とっつぁん坊やみたい…」

 来年1月の大阪府知事選に立候補を表明した弁護士でタレントの橋下徹氏(38)が15日、大阪府庁で府政記者会向けの選挙用顔写真撮影に、新髪形、新眼鏡で登場した。

 「税金使う(立場になる)のにふさわしい髪形にしてくれ」と14日に髪を切った橋下氏は「こんなとっつぁん坊やみたいに…。自分では不満です」と苦笑い。出馬表明時(12日)の“第1次イメチェン”より茶髪が目立つが「短くなったから目立つのかな。この色で行きます」と茶髪続行宣言。「目つきが悪いとか気持ち悪いとかみんなに言われるので、今日、事務局に用意してもらった」と眼鏡は色つきから、メタルフレーム・無着色レンズのものに変えた。

 マニフェストは「万人受け、当選するためより、大阪を変えるための政策を作っている」と作成中。第1弾は17日に発表予定だ。この日朝は、全国ネットの情報番組に共産党推薦で出馬表明している弁護士・梅田章二氏(57)とともに出演。ほかに大阪大大学院教授の熊谷貞俊氏(62)=民主党推薦=が出馬を表明している。

(2007年12月16日06時00分 スポーツ報知)
機種変更 負担重く 中小パチンコ倒産増 九州 負債額、前年比6倍
12月12日10時10分配信 西日本新聞

 九州で中小のパチンコ店運営業者の経営破たんが増えている。信用調査会社の帝国データバンク福岡支店(福岡市)によると、今年の九州の倒産件数(10日現在)は前年比4件増の8件、負債額は同6倍の152億円。ギャンブル性が低い機種への変更に伴う経費負担の増加などが背景にある。

 倒産した企業を県別に見ると、福岡県4件、熊本県2件、長崎・大分県が各1件だった。特に数店舗を運営する地場中小業者が目立った。

 パチンコ業者は10月から、国の指導でギャンブル性が低いスロット機の導入が迫られた。特に中小業者ほど入れ替えの負担が大きくなった。さらに、全国準大手の倒産で、機種リース会社や銀行が取引条件を厳しくしたことも業界の資金繰りを悪化させているという。消費者金融が貸出先の見直しを進めており、それが、パチンコ利用者数の減少につながっているとの見方もある。

 帝国データバンクは「年末年始で売り上げを順調に伸ばせられなければ、中小業者の倒産はさらに増える」とみている。

=2007/12/12付 西日本新聞朝刊=

最終更新:12月12日10時10分
年金記録「全員特定」の公約断念…厚労相、謝罪は拒否
12月12日3時8分配信 読売新聞

 舛添厚生労働相は11日、記者会見し、該当者不明の約5000万件の年金記録について、1975万件(38・8%)が社会保険庁のコンピューター上で持ち主を探す「名寄せ」作業では、持ち主の特定が困難であるとし、すべての記録の持ち主を特定するという政府の公約が実現不可能になったことを正式に認めた。

 その中でも、同庁の入力ミスなどが原因の945万件(18・5%)は、最終的にも持ち主の確定が出来ない可能性が高く、年金加入者・受給者が支払った保険料が年金に反映されないという事態が避けられない見通しとなった。

 5000万件の記録について、政府・与党は参院選前の7月5日にまとめた対策で、「2008年3月までに照合・通知を完了する」としていた。

最終更新:12月12日3時8分




<年金記録>舛添厚労相、開き直り?「ないものはない」
12月11日21時20分配信 毎日新聞

会見で記者の質問に答える舛添要一厚労相=厚労省で2007年12月11日午後3時59分、兵藤公治撮影 宙に浮く年金記録約5000万件中、945万件の特定が困難との社会保険庁の調査結果を受け、舛添要一厚生労働相は11日午後、記者会見した。「他の方が大臣になっても結果は同じ。ないものはないんだから」「(参院選で)年金は最大のテーマ。『できないかもしれないけどやってみます』なんて言いませんよ」。開き直りとも取れる発言が続いた。

 「正直いって、ここまでひどいとは想像していませんでした。5合目まで順調だったが、こんなひどい岩山とアイスバーンがあったのかと率直にそういう気がします」。調査結果の感想を問われ、そう語った。

 政府が照合を3月末に完了すると公約し、就任直後に「最後の一人まで探し出す」とした発言との整合性については、「3月末までにすべてを片づけると言った覚えはない。5000万件の名寄せをやらなかったら公約違反」と述べ、矛盾はないと繰り返した。

 照合作業の期限を尋ねられると「エンドレスです。できないこともあります。そうでしょ?」と記者に同意を求め、「やったけどできなかったというんじゃなくて、みんなで努力してやっていくというポジティブな気持ちになっていただくことが必要だと思います」と語った。【野倉恵、清水健二】
社会部長が選ぶ10大ニュース=1位は「自民惨敗、安倍退陣」
12月11日18時1分配信 時事通信

 新聞之新聞社(東京都千代田区)主催の「社会部長が選ぶ今年の10大ニュース」の選考会が11日、都内で在京の新聞、通信7社の社会部長が出席して開かれ、1位に「参院選で自民が歴史的惨敗。安倍首相が退陣」を選んだ。2位以下は次の通り。
(2)不二家、ミートホープ、船場吉兆などで食品偽装が相次ぎ発覚
(3)政治とカネの疑惑続出、松岡農水相が自殺
(4)防衛省で不祥事噴出。守屋前次官が収賄で逮捕
(5)伊藤長崎市長射殺事件など銃犯罪が深刻化
(6)「消えた年金」で国民の怒り爆発
(7)地球温暖化で環境論議高まる。列島は記録的猛暑
(8)「ゆとり教育」を見直し。42年ぶりに全国学力テスト
(9)鹿児島の選挙違反事件などで無罪判決。ずさん捜査に批判
(10)能登沖、中越沖で震度6強。原発の安全性で議論

<番外>
(1)朝青龍や力士急死問題で角界大揺れ
(2)松坂、岡島のレッドソックスがワールドシリーズで優勝
(3)植木等さん、阿久悠さん鬼籍に。昭和への郷愁募る。 
公務員にボーナス支給
福島民友新聞(12/10 11:20:09)

 国と地方の大半の公務員に10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く一般行政職の平均支給額は、国家公務員が昨冬より約1万2400円、1・8%増の約69万6300円(平均34・9歳)、地方公務員は約1万円、1・5%増の約66万2000円(同36・5歳)だった。

 総務省の試算では、特別職の最高額は島田仁郎最高裁長官の約586万円。9月に就任した福田康夫首相は在職期間が短いため、満額より約30%少ない約407万円。国務相は約428万円だが、内閣改造で新たに就任した閣僚も減額される。

 衆参両院の議長は約554万円、国会議員は約330万円。一般職の最高額は中央省庁事務次官の約343万円で、局長クラスは約261万円。

 社会保険庁は、年金記録不備問題への批判から夏のボーナスでは職員に5−50%の自主返納を要求したが、冬のボーナスでは返納を求めない方針。
電子投票は選挙の正当性崩す恐れ 日本共産党佐々木氏が批判
2007年12月8日(土)「しんぶん赤旗」

日本共産党佐々木憲昭議員日本共産党の佐々木佐々木憲昭議員は七日の衆院政治倫理・公選法特別委員会で、電子投票特例法「改正」案について、「電子投票制度には、現在もさまざまな問題がある」として、具体例を指摘しました。

 佐々木氏は、市議補欠選挙(二〇〇四年)で電子投票制度を実施した三重県四日市市では、投票所に足を運びながら、電子投票機の操作を途中でやめて帰ってしまった人が一万三千人超、投票者数の14%を占めていることを指摘し、「これは重大な問題だ」と述べました。また、「パネルに指紋が残っていて誰に投票したか分かる」「腕の動きでも分かる」など投票の秘密の原則が守られるのかという声も紹介。さらに、システム・トラブルが多発していると迫りました。

 法案提出者の原田義昭議員(自民党)は「(トラブルが起こっても)一部であり、全体の選挙結果には影響しない」などと答弁しました。

 佐々木氏は「たとえ一部でもデータが消えてしまうなどのトラブルが起こったら(票の)集計はできず、選挙が終わったことにはならない」と同議員の認識を厳しく批判。「選挙は民主主義の根幹であり、投票が公平・公正におこなわれなければ、その正当性が崩れかねない」と述べ、導入に強く反対しました。
 
(写真)質問する佐々木憲昭議員=7日、衆院倫選特別委
暴露ウイルス感染…外交官PCからテロ関連情報など流出
2007.12.7 01:37 MSN産経ニュース

 日本の外交官が私物パソコンにコピーしていた仕事上の文書などをインターネット上に流出させていたことが6日、分かった。ファイル共有ソフトの使用で暴露ウイルスに感染したためで、テロ組織の活動に関する文書や外国の情勢分析資料もあった。外務省も事実を把握し、機密情報が漏れていないか確認を急いでいる。海上自衛隊の暗号など重要情報の流出が相次ぎ、各省庁が私物パソコンへのデータのコピーを禁じるといった対策に乗り出す中、危機管理のずさんさが改めて浮き彫りになった。

 情報を流出させたのは在トリニダード・トバゴ日本大使館に勤務する3等書記官(31)。今年10月中旬、ファイル共有ソフト「Share(シェア)」を私物のパソコンで使用中、ダウンロードしたデータに混入していた暴露ウイルスに感染。約30点の文章を流出させた。ワープロソフトで作った書記官自身の名刺や外務省が作成した辞令の連絡表、元公安調査庁職員がアジアの在外公館に赴任する際、大使にあてたあいさつ文などがあった。あいさつ文には経歴や家族の個人情報も含まれている。

 このほか、国際テロ組織アルカーイダの細胞組織がアルジェリア、モロッコ、ケニア、エチオピアで、どのような活動をしているかを探る質問文書があった。ミャンマーのキン・ニュン元首相が退任した後の情勢を分析した英文資料もあり、この資料の作成者は書記官以外の日本人名となっている。

 書記官は「10月中旬、『Share』を使い、ウイルスに感染したのか、ハードディスクが壊れてしまった。情報が流出したのは知らなかった」と話している。流出情報は「すべてプライベートのものだと認識している」としつつも、アルカーイダの質問文は「出張で使ったものかもしれない」と答えた。

 外務省職員がファイル共有ソフトを使って情報を流出させたのは初めてで、同省報道課は「流出は把握している。現在、書記官が流出させたものか否かも含めて調べている」としている。

 外務省では機密文書を重要度から「極秘」「秘」「取扱注意」の3種類に分けている。流出文書がこれらの機密文書に該当するかも確認を急いでいる。

 トリニダード・トバゴは南米・ベネズエラの北東のカリブ海に浮かぶ島国で人口約130万人。大使館は同国以外に周辺の島国を中心に計9カ国を管轄している。

暴露ウイルス
 「Winny(ウィニー)」や「Share」などのファイル共有ソフトで音楽や映像をダウンロードする過程で混入し、偽装したファイルをクリックすると感染する。ウイルスはパソコン内の文書や写真を勝手にかき集め、共有ソフト経由でネット上に放出する。流出したデータの消去は不可能。昨年2月、海上自衛隊の護衛艦「あさゆき」隊員から無線の暗号情報など機密情報や戦闘訓練の計画表が流出したほか、今年6月には警視庁の巡査長が大量の捜査情報を漏らすなど流出が相次いでいる。
【断】ハケンの来歴 大月隆寛
2007.12.6 02:36 MSN産経ニュース

 「ハケン」と呼ばれてテレビドラマの題材にまでなっている派遣社員。でも、それを束ねる人材派遣業者、って昔からあるんですよね。口入れ屋とか桂庵(けいあん)とか言ってましたが。女中…あ、いや、今は家政婦さんって言わなきゃならないんでしょうが、要するにお屋敷や商家に奉公(これもすでに死語かも)するために、田舎から出てきた人がここに登録しておくと、希望する条件にかなった口があれば教えてくれる、と。紹介料をとっての商売なわけで、何のことない、江戸時代からあるものです。

 明治以降だって、人手がたくさんいるようになった仕事の現場じゃ、必ずこういう商売は介在した。港湾労働に炭鉱、鉄道建設…などなど、そういう「口きき」がいないと人手が集まらないのは「近代」という時代の必然なわけで。それが今や事務職系、いわゆる勤め人の類にまで波及してきた、と。

 一時、M&Aで買収仕掛けてもうけるライブドアが博徒系で、ネットの出店でもうける楽天はテキヤ系、って、あたしゃよく言ってました。いまどきの人材派遣業者ってのも由緒正しいその筋がらみの商売。ただし、そういう商売の者が、政府の委員会や財界の会合に出て大所高所からもの申す、なんてことは昔は絶対になかったし、またそれを真に受けて天下国家の政策が左右されるなんてことも、まずあり得なかった。ならば、何がどう違ってこういうことになってきたのか、それこそが本当に考えられるべき問い、でしょう。

 「不安定雇用の増大」「格差社会の進行」なんてお役所的な大文字のもの言いの背後には、こういう来歴ってのもあったりする。変わったことと変わらないことを静かに見極めようとすることが、〈いま・ここ〉を本当に吟味するためには必要なんですけどねえ。

(民俗学者)

渡辺行革担当相:totoの早期廃止求める 文科相は反論
 渡辺喜美行革担当相は5日、渡海紀三朗文部科学相と会談し、文科省所管の独立行政法人「日本スポーツ振興センター」が行っているサッカーくじ(愛称toto)の早期廃止を求めた。渡海氏は「今年度の売り上げが上昇に転じた」として2010年までの事業存続を主張。議論は平行線をたどった。情報技術の研究開発を行う「メディア教育開発センター」の廃止では合意した。
(後略)
毎日新聞 2007年12月5日 20時45分 (最終更新時間 12月6日 0時17分)