わたしたちの社会

限りなくワイドショー的なニュース保管所
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 「加藤の乱」で分裂 古賀、谷垣派7年ぶり合流へ
    yamada (09/27)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
<訃報>ダン池田さん72歳=バンドマスター
2月21日20時27分配信 毎日新聞

ダン池田 ダン池田さん72歳(だん・いけだ<本名・池田啓助=いけだ・けいすけ>バンドマスター)昨年12月25日、呼吸不全のため死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻節子(せつこ)さん。

 「ダン池田とニューブリードオーケストラ」のバンドマスターとして、69〜85年にフジテレビ系「夜のヒットスタジオ」で歌手の伴奏を務めた。NHK「紅白歌合戦」では13年間、指揮者を務めた。85年には告白本「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」を出版した。




バンドマスターのダン池田さん死去
2月21日22時0分配信 時事通信


 ダン 池田さん(だん・いけだ、本名池田啓助=いけだ・けいすけ=バンドマスター)07年12月25日、呼吸不全のため東京都の病院で死去、72歳。韓国ソウル生まれ。葬儀・告別式近親者で済ませた。喪主は妻節子(せつこ)さん。
 「ダン池田とニューブリード」を結成し、「夜のヒットスタジオ」「NHK紅白歌合戦」などで演奏を担当。85年にバンドマスターを降り、芸能界の裏側をつづった著書が話題を集めた。 

最終更新:2月21日22時47分




ダン池田さん死去していた…“夜ヒット”や紅白で伴奏務める
2月22日8時3分配信 サンケイスポーツ

 フジテレビの人気音楽番組「夜のヒットスタジオ」の伴奏などを務めたダン池田さん(本名・池田啓介)が、昨年12月25日、呼吸不全のため都内の病院で死去していたことが21日、分かった。72歳。最盛期はレギュラー番組8本を抱えたが、60年に暴露本を出版。芸能界から追放され、寂しい晩年を送っていた。

 ダンさんは平成10年に脳梗塞(こうそく)を患い、自宅で療養生活を続けていたが、昨年11月13日に室内で転倒。頭を打って再入院し、帰らぬ人となった。葬儀は妻の節子さんが喪主を務め、本人の遺志で近親者のみの密葬で済ませた。

 ダンさんは昭和10年ソウル生まれ。敗戦で両親と共に帰国した。ダンは、中学時代にフォークダンス指導員を務め“ダン助”と呼ばれたことに由来する。44年にビッグバンド「ダン池田とニューブリード」を結成。“夜ヒット”などの人気番組の専属バンドになり、NHK紅白歌合戦の紅組伴奏を13回も担当した。

 しかし、60年11月に暴露本「芸能界本日モ反省ノ色ナシ」を出版。70万部を売ったが、芸能界の裏側を実名で書いたため、追放の形で一線から退かされた。

 その後は地方の歌謡大会の伴奏や審査員などで活動。表舞台で仕事ができなくなったこともあり、寂しい晩年を送っていた。だが、本人は周囲に「寂しかったこともあるが、当たり前のことを書いたまでだから」と漏らし、後悔はしていなかったという。

最終更新:2月22日8時44分




「夜ヒット」などで指揮ダン池田さん死去
2月22日9時42分配信 日刊スポーツ


 「ダン池田とニューブリード」のバンドマスターとして、数々の音楽番組で活躍したダン池田(本名池田啓助=いけだ・けいすけ)さんが昨年12月25日午後7時18分、急性呼吸不全のため都内の病院で亡くなっていたことが21日、分かった。72歳。旧朝鮮・京城府(現ソウル市)生まれ。葬儀・告別式は近親者のみで済ませた。喪主は妻節子(せつこ)さん(64)。
 節子さんによると、ダンさんは約10年前に脳梗塞(こうそく)を患い入院。退院後は自宅で療養生活を送っていたが、右半身に軽い障害が残り、その後も何度か発作に襲われたという。昨年12月13日に自宅で転倒し頭部を強打。頭蓋(ずがい)骨内部に出血もあり入院、そのまま帰らぬ人となった。節子さんは「芸能活動を離れて20年近くもたっており、静かに眠らせてあげたかった。それが故人の遺志でもあると思います」と話した。今月11日には四十九日法要を行い、ダンさんの実弟や学生時代の親友、音楽関係者らが集まって故人をしのんだ。
 ダンさんは「ダン池田とニューブリード」の指揮者として、フジテレビ系音楽番組「夜のヒットスタジオ」「オールスター家族対抗歌合戦」などで活躍。NHK紅白歌合戦でも指揮者を務めるなど、ひげをトレードマークにお茶の間の人気者だった。
 一方、「日本の芸能界がアメリカのショービジネスとあまりに乖離(かいり)することに義憤を感じ」85年に芸能界の告発本「芸能界 本日モ 反省ノ色ナシ」を出版した。芸能界の実態を実名告発してベストセラーになった。翌年には第2弾も出版。しかし、この告発本が芸能界の反感を呼び、ダンさんは芸能界の華やかな世界と決別、ディナーショーやバンドなどマイペースで音楽活動を続けていた。

最終更新:2月22日9時42分
スポンサーサイト
- | 09:05 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://63boy.jugem.jp/trackback/353