わたしたちの社会

限りなくワイドショー的なニュース保管所
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 「加藤の乱」で分裂 古賀、谷垣派7年ぶり合流へ
    yamada (09/27)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
国内カジノ解禁…自民、合法化へ法案提出目指す
不正・犯罪防止は監視機関で対応

 自民党は4日までに、国内で禁止されているカジノを国の管理下で合法化するため、議員立法で「カジノ・ゲーミング法案」(仮称)を提出する方針を固めた。不正や犯罪監視のため、行政調査権を持つ独立機関「カジノ管理機構」を新設。公明党や民主党などにも働き掛け、超党派での成立を目指す。

 カジノ管理機構は、公正取引委員会などと同様、独立性の高い国家行政組織法の「3条委員会」とする方針。自民党観光特別委員会のカジノ検討小委員会(岩屋毅小委員長)で、具体的な規制や収益金の配分方法などを検討し、早期の国会提出を目指す。

 同小委は、外国人観光客誘致や地域振興を目的にカジノ導入を検討。地方自治体による「公設民営」型とし、当面は国内2、3カ所で導入を目指す基本方針を2006年6月に策定した。

 当初は同機構を独立行政法人とする方針だったが、カジノが犯罪の温床となり、青少年に悪影響を与えると懸念する声が根強いことから、「厳格な仕組みを設けないと反対論を抑えられない」(関係者)と判断。同機構の独立性を強め、査察官には(1)民間事業者への認可、立ち入り(2)従業員やディーラーの身辺調査、監視(3)使用される機器の認証−などの強い権限を持たせることにした。

 機構の運営など規制に要する費用は、収益金で賄い、税金は使用しない方針。未成年者を入れた事業者に罰則を科すことや、施設付近の現金自動預払機(ATM)設置の禁止も検討している。

 カジノが解禁されている国は世界120カ国に上る。国内導入をめぐっては、東京都が独自に研究を行うなど議論が活発化。自民党では議連発足などを経て06年2月、政務調査会に小委員会が設置された。

きらびやかな米ラスベガスのカジノ。日本でもこんな光景が実現するのか(ロイター)きらびやかな米ラスベガスのカジノ。日本でもこんな光景が実現するのか(ロイター)

ZAKZAK 2008/01/04
スポンサーサイト
- | 16:24 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://63boy.jugem.jp/trackback/336