わたしたちの社会

限りなくワイドショー的なニュース保管所
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
14年前の殺人とDNA一致 女性下着を投棄の男、再逮捕へ
2007.12.25 02:01 MSN産経ニュース

使用済みの下着を民家に捨てたとして逮捕された押谷和夫被告=2日、大阪府茨木市 使用済みの下着を民家に捨てたとして逮捕された押谷和夫被告=2日、大阪府茨木市 平成6年に大阪市北区の「大阪第一ホテル」の客室で、派遣社員の女性=当時(26)=が殺害された事件の現場に残された体液のDNA型が、女性用下着を民家に不法投棄したとして今月2日に廃棄物処理法違反容疑で逮捕された茨木市彩都あさぎ、会社員、押谷和夫被告(48)=起訴済み=と一致したことが24日、分かった。大阪府警捜査1課は強盗殺人容疑で押谷被告の逮捕状を取っており、25日にも再逮捕し、14年前の事件の経緯などを追及する。

 調べでは、押谷被告は6年1月16日午後6時ごろ、大阪市北区梅田の大阪マルビル内にある大阪第一ホテル26階の一室で、女性の頭や顔を殴った上、首を絞め殺害。手提げバッグを奪った疑いが持たれている。

 事件は午後2時10分ごろ、サラリーマン風の男が1泊の予定でチェックイン。17日正午になってもチェックアウトがないため従業員が室内を確認し、遺体を発見した。その後の捜査で、男がホテルからデートクラブに電話をかけ、デート嬢の派遣を依頼、午後5時20分ごろ、女性が部屋に到着していたことが判明。男は午後6時20分ごろホテルから立ち去っていた。

 室内に男のものとみられる体液が残され、府警はDNA型を割り出していたが、これまで該当者はいなかった。押谷被告は平成6年の事件当時、ホテルの防犯ビデオに映っていた写真は酷似しているという。

 押谷被告は昨年6月以降、大阪府茨木市と箕面市で、女性用パンツとストッキングなどを民家の庭の植木や自転車などにくくりつけたなどとして今月2日に逮捕されていた。


【DNAが結びつけた2つの事件】

 自分がはいた女性用下着を民家に投げ込んでいた男と、解決の糸口すら見えなかった14年前の殺人事件を結びつけたのはDNA鑑定だった。押谷被告は見た目はインテリ風の会社員。男手一つで3人の子供を育てていたが、転居先で次々と変質的な事件が起こっていた。

 大阪府茨木市に押谷被告が引っ越してきたのは昨年1月。その半年後から、女性用の下着が民家の庭先に投げ込まれる奇妙な事件が起き始めた。

 当初は変質者による悪質ないたずらとみられていた。しかし、犯行は止まず、府警は前歴者を調べるため、下着にこびりついていたあかをDNA鑑定。ところが、一致したのは、14年前の殺人事件現場に残された男の体液のDNA型だった。悪質ないたずらが凶悪犯罪と一気に結びついた。

 押谷被告は昭和52年に大手百貨店に就職し、経理を担当。結婚して3人の子供に恵まれた。しかし、平成7年に妻が病死。その直後から異常な行動が始まった。

 当時は大津市の一戸建てに住んでいた押谷被告。近所では平成7年当時から、いやがらせが発生。「破った女性の下着やわいせつな本を庭にまかれた。窓を開けるのが苦痛だった」と住民は振り返る。女装した押谷被告が民家に忍び込もうとして取り押さえられ、「妻の下着の処理に困った」と釈明したこともあったという。押谷被告は14年、同市内のマンションに転居。ここでも女性用下着が廊下などにばらまかれた。

 押谷被告の普段の生活は午前4時半に起きて子供の朝食と弁当を作り、出勤していた。近所にはきさくでまじめな父親とみられていた。不法投棄事件の調べに対し、押谷被告は「なぜ自分だけがこんなしんどいめにあわなければならないのかと、世間を恨んでいた」と供述しているという。

【科学捜査、事件動かす】

 約14年前にホテルでOLを殺害したとして大阪府警が会社員、押谷和夫被告(48)を再逮捕する決め手となったのは、押谷被告と事件現場に残された体液とのDNA型の一致だ。科学捜査の代表格であるDNA鑑定で未解決事件の容疑者が特定されるケースが増えている。

 警察庁は平成16年12月から、犯罪現場で犯人が残したと思われる資料のDNA型の記録を登録し、検索できるシステムを開始。容疑者の型情報も17年9月にデータベース化した。

 警察庁のまとめによると、容疑者のDNA型と犯罪現場に残された毛髪などの型が一致し、余罪解明や容疑者特定につながったケースは、17年9月からの1年間で610件。昨年9月からの1年間では1132件に上った。

 東京都足立区の路上で2年11月、男性が刃物で刺されたうえ車でひかれて死亡した事件で、警視庁は17年、冷凍保存していたナイフの血痕を事件当時より精度の高い方法でDNA鑑定。型が一致したとして男を殺人容疑で逮捕した。

 12年に横浜市などで起きた連続女性暴行事件でも、神奈川県警が事件当時に採取し、冷凍保存していた体液でDNA鑑定し、男を特定、19年5月に逮捕した。


 ■DNA鑑定 体細胞のデオキシリボ核酸(DNA)の塩基配列や繰り返しのパターンが個人によって異なることを利用し、同じ配列の出現頻度から個人を識別する。日本の警察は平成4年から犯罪捜査で本格的な運用を始めた。警察庁は現在、犯罪現場に残された血痕などの型情報や容疑者の型情報をデータベース化している。




OL強殺だけじゃなかった…女児パンツ男2億円着服も

 大阪府茨木市の民家に女児用パンツを投げ捨てたとして逮捕された男が、1994年に大阪市内のホテル内で起きた女性殺害事件に関与していた疑いが強まり、府警捜査1課は強盗殺人容疑で男を25日にも再逮捕する。男は阪急百貨店に勤務していた際、2億円を着服して懲戒解雇されていたことも新たに判明。近所で「きれい好きでさわやかなご主人」で通っていた平凡なサラリーマンは、「犯罪のデパート」という裏の顔を持っていた。

 捜査1課が強盗殺人容疑で逮捕状を取ったのは、会社員(48)=廃棄物処理法違反罪で起訴。

 調べでは、被告は1994年1月16日午後6時ごろ、大阪市北区のホテルの客室で派遣社員の女性=当時(26)=頭などを鈍器で殴り、首を絞めて殺害、財布が入った女性のバッグを奪った疑いが持たれている。

 女性は当時、仕事のかたわらデート嬢をしており、被告にホテルに呼び出され、客室で被害にあったとみられる。

 被告は高校卒業後、1977年に阪急百貨店(大阪市北区)に入社し、主に経理など事務系の職場で勤務していたが、98−2001年にかけて約2億円を数回にわけて着服。01年12月に発覚し、02年1月に懲戒解雇処分を受けた。私的な株式投資に流用し、数千万円の損失を出したが、解雇後に全額返済したため、同社は刑事告訴は見送ったという。

 阪急百貨店の関係者も「勤務態度はいたってまじめで、目立つところもなかった。まさか殺人まで犯していたとは…」と被告の凶悪性に声を失った。

 強盗殺人、業務上横領に関与していたとみられる押谷被告。その周辺では昨年6月ごろから、パンツ投げ込み事件が約160件も発生し、これらの事件がきっかけになって、お宮入り寸前だった強盗殺人事件への関与が浮かび上がった。

 府警がパンツに付着していた皮膚片をDNA鑑定した結果、約14年前の強盗殺人事件の現場に残された犯人のものとみられる体液と一致した。

 パンツ事件について、被告は「ぴっちりとした女児のパンツをはいて通勤するのが快感だった。使用済みのパンツを見つけた人が驚くのを想像すると興奮した」と供述していたが、近所の目に映った実像はまったく違っていた。

 関係者によると、被告は阪急百貨店を解雇された後、大阪府豊中市の金属部品会社に勤務するなど一貫して経理畑を歩いていた。昨年1月に滋賀県から現在の住所に転居したが、妻とは1995年9月に死別し、社会人の息子、高校生の娘との3人暮らしだった。

 妻が亡くなった後は毎朝4時半に起床し、子供の朝食や弁当を用意、週末には家の周りを掃除したり、庭の花に水やりをする姿が目撃され、「きれい好きでマメなご主人という印象だった」(近所の主婦)と評判は悪くなかったようだ。

 しかし、強盗殺人事件当時に住んでいた大津市でも女装姿で民家に忍び込もうとして取り押さえられたり、数年前には京都市内の駅構内で女性に手でつばをつけて暴行の現行犯で逮捕されるなど、異常な行動もみられた。

 ある近隣住民はゴミの出し方について注意したところ、夜中に酔った被告から「ぶっ殺したろか」と電話があったと明かし、「きれたら怖い人なんだと思った」と被告の二面性を証言する。

 被告はパンツ事件の動機について、「妻が亡くなり、自分だけがなぜこんな目にあわなければならないのかと世間を恨んでいた」と供述しているという。

ZAKZAK 2007/12/25
スポンサーサイト
- | 16:34 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://63boy.jugem.jp/trackback/310