わたしたちの社会

限りなくワイドショー的なニュース保管所
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 「加藤の乱」で分裂 古賀、谷垣派7年ぶり合流へ
    yamada (09/27)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
「フランダースの犬」日本人だけ共感…ベルギーで検証映画
 【ブリュッセル=尾関航也】ベルギー北部フランドル(英名フランダース)地方在住のベルギー人映画監督が、クリスマスにちなんだ悲運の物語として日本で知られる「フランダースの犬」を“検証”するドキュメンタリー映画を作成した。

 物語の主人公ネロと忠犬パトラッシュが、クリスマスイブの夜に力尽きたアントワープの大聖堂で、27日に上映される。映画のタイトルは「パトラッシュ」で、監督はディディエ・ボルカールトさん(36)。制作のきっかけは、大聖堂でルーベンスの絵を見上げ、涙を流す日本人の姿を見たことだったという。

 物語では、画家を夢見る少年ネロが、放火のぬれぎぬを着せられて、村を追われ、吹雪の中をさまよった揚げ句、一度見たかったこの絵を目にする。そして誰を恨むこともなく、忠犬とともに天に召される。原作は英国人作家ウィーダが1870年代に書いたが、欧州では、物語は「負け犬の死」(ボルカールトさん)としか映らず、評価されることはなかった。米国では過去に5回映画化されているが、いずれもハッピーエンドに書き換えられた。悲しい結末の原作が、なぜ日本でのみ共感を集めたのかは、長く謎とされてきた。ボルカールトさんらは、3年をかけて謎の解明を試みた。資料発掘や、世界6か国での計100人を超えるインタビューで、浮かび上がったのは、日本人の心に潜む「滅びの美学」だった。

 プロデューサーのアン・バンディーンデレンさん(36)は「日本人は、信義や友情のために敗北や挫折を受け入れることに、ある種の崇高さを見いだす。ネロの死に方は、まさに日本人の価値観を体現するもの」と結論づけた。

 上映時間は1時間25分。使用言語は主にオランダ語で、日英の字幕付きDVDが今月からインターネットなどで販売されている。

(2007年12月25日11時39分 読売新聞)




アントワープ中央駅

夢と威厳が詰まった宝物

“ネロの村”は「日本人のおかげ」

 アントワープと聞いて、まず『フランダースの犬』を思い出す人は多いだろう。1970年代にテレビアニメとして大ヒットした、あのネロ少年と愛犬パトラッシュの物語だ。

 原作は英国の女流作家ウィーダがアントワープに滞在したときのことを題材にして描いた小説で、1872年に発表された。ところが舞台となったベルギーで、この物語が広く知られるようになったのは、つい20年ほど前のこと。きっかけは、中央駅の観光案内所を訪れた1人の日本人観光客だった。

 「物語の舞台はどこかって聞かれたんですけど、何のことかさっぱり分からなくて」と、そのとき応対した市観光局のヤン・コルテールさん(52)が苦笑混じりに振り返る。

 というのも、当時は、アントワープの人たちが話すフラマン語(オランダ語の方言)の翻訳本が出版されていなかったのだ。コルテールさんは英語で書かれた本や19世紀後半の地図を参考に物語の舞台を調ベた。そして、小説の中で明確にされていないネロの暮らす村のモデルが、郊外のホーボーケン地区だと突き止めたのだ。

 路面電車に揺られ、百数十年後の“ネロの村”を訪ねた。当然のことながら近代的な家並みばかりで、物語にあるような田園風景は見当たらない。それでも、観光案内所の前にネロとパトラッシュの像が立ち、目抜き通りのカフェをのぞけば、像と同じ形のチョコレートがずらり。

 「昔は名物はなかったけど、今じゃ観光客が大勢来てくれる。『フランダースの犬』と日本人のおかげだね」。カフェのシェフ、ピーター・ベルカーニュさん(33)がニヤリと笑った。

圧倒的な存在感を誇る中央駅圧倒的な存在感を誇る中央駅。正面の空き地は公園に生まれ変わる予定だ




宝石店がひしめき合う中央駅ガード下アントワープはダイヤモンドの街。中央駅のガード下にも宝石店がひしめき合う。


 中央駅最大の見所は、かつて王室専用の待合室だったというビュッフェだ。天井までの高さは約8メートル。大理石の壁には、金ぱくで縁取られた大時計が掛かる。「優美」という言葉がピタリと当てはまる空間だ。

 ダイヤモンド職人のカルメ・キャロルさん(51)は日に何度か、コーヒーを飲みに来る。世界で取引されるダイヤモンドの7割が集まると言われるアントワープ。とくに中央駅周辺に宝石店や工房が密集している。

 「高価なものを扱う仕事だから、非常に神経が疲れる。だから、気分転換に来るわけです。それに、ここのコーヒー、結構うまいんだ」

 キャロルさんの言葉にはそそられるが、ベルギーに来たからには、やはりコーヒーよりビールを味わいたい。

 注文したアントワープの地ビール、デ・コニックは口当たりがよくグイグイ飲んでしまったが、何より雰囲気に酔った。こんな場所で気軽に飲めるこの街の人たちがうらやましい。

街角のカフェ夏の陽光を楽しむ人たちで、街角のカフェはいつも超満員。


駅の裏手に動物園

 ホームで列車を待っていると、猛獣の雄たけびに驚いた。駅の裏手が動物園だったのだ。

 私立でありながら、約800種を飼育し、絶滅危惧(きぐ)種の保護にも力を入れている動物園だが、ここを訪れる人たちの過ごし方は様々。動物の観察はもちろん、ジョギングする人やベンチでトランプに興じる人も。

 「市民にとって自宅の庭みたいなものなんです。毎日通ってくる人もいますよ」と動物園の広報部長、エルサ・シーゲルスさん(35)が言う。

 年間パスポートを持っているというミリアム・パンタージスさん(67)もその1人。「私はゾウが目当て。昔、仕事で疲れたときに来ては、ゾウに話しかけてたのよ。そしたら自分の子供みたいに思えてきちゃって。もう20年通っているわ」。ユニークな動物園は、来園者も個性的だ。

(文・柳沢 龍児  写真・宮坂 永史)


 アントワープの街でひときわ目をひくのが、高さ123メートルの塔がそびえるノートルダム大寺院。1352年から170年もの歳月をかけて建設された堂々たる風格の建物だ。中では、『フランダースの犬』でネロが敬愛したルーベンスの傑作「キリストの昇架」などの祭壇画が見学できる。
 また今年は、地元観光局の主催で「ルーベンスウオーク2004」と題したイベントも。ルーベンスの家や王立美術館など、このバロック絵画の巨匠ゆかりの地をガイド付きで回ることができる。

 変わったところでは、20世紀初頭の豪商たちの家巡りが面白い。中央駅から一駅のベルヘム駅周辺に、アールヌーボーやアールデコなど様々な建築様式を取り入れた豪しゃな住宅が立ち並び、地図を片手に散策する地元の人も多い。

 中央駅周辺のダイヤモンド街は冷やかすだけでも楽しいが、研磨などの作業を見学したければ、「ダイヤモンドランド」や「クラックマール・アンド・サンズ」へ。
スポンサーサイト
- | 11:39 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://63boy.jugem.jp/trackback/306