わたしたちの社会

限りなくワイドショー的なニュース保管所
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 佐世保銃乱射事件
    masa (03/30)
  • 「加藤の乱」で分裂 古賀、谷垣派7年ぶり合流へ
    yamada (09/27)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
困難発覚! 舛添公約またダメで“舛々”不信感
傍若無人な「思いつき」発言

意欲と実行力のギャップが指摘される舛添氏 5000万件といわれる「消えた年金」問題で開き直り答弁を繰り返している舛添要一厚労相に、新たな“公約違反”が浮上した。舛添氏は12日、コンピューター上の年金記録と原本である「紙台帳」との照合作業を2年以内に完了させると公約したが、さっそくそれが困難であることが発覚したのだ。実現可能性を考えずに勢いで発言する舛添氏には、批判の声が高まりそうだ。

 舛添氏は12日の衆院厚生労働委員会で、「日本年金機構ができる時(2010年1月)には解決する決意で全勢力を挙げたい」と述べ、照合作業を今後2年間に完了させると断言した。

 しかし、現在8億5000万件ある年金記録の紙台帳のうち、来年度予算には3300万件の「特殊台帳」分しか作業経費が計上されない方針であることが発覚した。

 社保庁は今年9月から、氏名などが欠落したコンピューター上の約524万件の記録を紙台帳を元に手作業で補正しているが、いまだに完了していない。それを考えると、来年3300万件を完了させたとしても、再来年に8億1700万件も完了させるのは「絶望的」(社保庁幹部)との見方が支配的なのだ。

 舛添氏の「思いつき」とも取れる発言は、枚挙にいとまがない。例えば、薬害肝炎を引き起こした汚染血液製剤「フィブリノゲン」の納入先病院リストについて、舛添氏は10月の衆院厚労委員会で突如、「広告を出す」と断言した。


 これに驚いたのが厚労省幹部。

 「まったくの寝耳に水。約7000施設もある医療機関の名前を新聞広告に載せると、虫眼鏡で見るほどの小ささでも8ページ分にもなる。巨大広告なので40億円はかかる。どこに予算があるのか」

 結局、新聞社などとの交渉の末、7億円前後で実現できる線でまとまっているというが、リストはすでに2004年に公表されたもの。当時は新聞各社が大きく報じた上、ホームページでも掲載が続いており、再掲に「7億円も出す意味があるのか?」との疑問の声が絶えない。

 自民党の伊吹文明幹事長も13日、舛添氏の発言について「バラエティー番組に出るような調子で答弁してもらっては困る」と苦言を呈したが、他人を罵倒し続け人気を博してきた舛添氏だけに、逆風は治まる気配がない。

ZAKZAK 2007/12/14
スポンサーサイト
- | 02:50 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。