わたしたちの社会

限りなくワイドショー的なニュース保管所
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 佐世保銃乱射事件
    masa (03/30)
  • 「加藤の乱」で分裂 古賀、谷垣派7年ぶり合流へ
    yamada (09/27)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
身勝手な四十路ニート…池内ひろ美さん脅迫男の素顔
未婚、自己破産…IT企業転々…親の年金頼りに借金生活

池内ひろ美 評論家の池内ひろ美さん(45)=写真=が講師を務める講座に対し、インターネット掲示板「2ちゃんねる(2Ch)」で≪教室に灯油をぶちまき火をつける≫などと犯罪予告したとして、脅迫と威力業務妨害の罪に問われた中年男の初公判が、東京地裁であった。法廷であらわとなったネット暴徒の素性は、あまりにトホホなものだった。

 冒頭陳述によると、東京都日野市の元会社員(45)は昨年12月20日未明、2Chに池内さんが名古屋で行う講座が≪血の海になる≫などと書き込み、講座を中止に追い込んだ。

 書き込みの威勢のよさに反し、検察側が明らかにした同容疑者の身上はお粗末な限りだった。

 茨城県鹿嶋市の実家から都内の私大に進み、卒業後はIT企業を転々。「身勝手な性格」のせいで仕事を5日でやめたこともあった。約10年前からインターネットにふけり、1999年から2Chに書き込むようになった。逮捕前日までの書き込みは1521回に及ぶという。

 結婚歴はなく、アパートに1人暮らし。2003年には自己破産し、40歳をすぎても年金生活の両親から毎月20万円を受け取って、借金返済や風俗店への支払いにあてていた。犯罪予告をした当時も無職で、検察側は脅迫の動機を「評論家として活躍する被害者への嫉妬(しっと)」と指摘した。

 この日も公判前、2Chに≪傍聴に来れば?≫と書き込むなど懲りた様子のない同容疑者は、白髪交じりの巻き毛でスーツ姿にメガネといういで立ち。該当の書き込みをしたことを認め、「大変申し訳なかった」と謝罪しながらも、「危害を与えるつもりはなかった。講座を妨害するものだと思っていなかった」と述べ、弁護士も「故意がない」と無罪を主張した。

 傍聴していたある弁護士は、「あんな書き込みをしながら、無罪を主張するとは驚いた。人のこめかみに銃を向けて射殺しながら、『殺す気はなかった』と言うようなもの。判事も想定外ではないか」とあきれ顔。

 傍聴した30代の男性会社員は「被告がどんな男なのか見に来たが、あまりにも風体が型通りでつまらない」と話していた。


ZAKZAK 2007/05/02
スポンサーサイト
- | 17:54 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。