わたしたちの社会

限りなくワイドショー的なニュース保管所
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
大阪知事選、橋下弁護士が出馬に意欲
 来年1月10日告示、27日投開票の大阪府知事選について、今月5日に不出馬の意向を表明していた弁護士でタレントの橋下徹氏(38)が一転、出馬に前向きな意向を関係者に伝えていることがわかった。出馬を打診していた自民、公明両党は、改めて橋下氏の擁立を軸に調整を進める方針。ただ、両党内には、いったん立候補しないと公言した橋下氏に対する反発もあり、最終的に推薦決定に至るかどうかは微妙な情勢だ。

 橋下氏擁立に向けては、自民党が「知名度が高く、勝てる候補」として関係者を通じて打診。橋下氏側は、年末年始に放送されるテレビ番組出演の調整を終えた後、出馬表明する方針を固めた。

 しかし、5日朝になって、関係者を通じて同党幹部に「不出馬を決めた」と連絡するとともに、所属するタレント事務所を通じて「出馬要請はなく、また、出馬する意志は全くない」とのコメントを発表。翌6日のテレビ番組出演後にも、報道陣に「正月以降の番組も収録しているし、放送日も決まっている」などと出馬を全面否定していた。

 ところが、今週に入って、橋下氏が関係者に対し、様々な人と相談した結果として、出馬への意欲を伝えてきたという。

 橋下氏については、不出馬表明後も、自民、公明両党府議団の関係者から「あれほど知名度が高い候補者がほかに見つからない」「橋下氏に勝てる候補はなかなかいない」など待望論があった。一方で、「一度、要請を断った経緯もあり、再浮上してもすんなりとは受け入れがたい」と反発する意見もあり、さらに調整が必要となりそうだ。

 一方、「相乗り禁止」の原則を掲げる民主党は「自民、公明両党が擁立した候補には乗れない」としており、橋下氏を推薦するのは難しい状況。これまでの方針通り、独自候補の擁立を目指すとみられる。

(2007年12月11日 読売新聞)




「橋下知らない」と石原都知事
2007.12.11 19:39 MSN産経ニュース

 来年1月の大阪府知事選にタレントの橋下徹弁護士が出馬を決めたことについて、石原慎太郎都知事は11日の都議会終了後、「知らないんだよ。見たこともないよその人。有名らしいけど。あんまりテレビ見ませんので」と話した。ただ「役人出身よりは民間の人が出たほうがいいよ」とも。38歳という若さについては「結構じゃないですか」と感想を述べた。
スポンサーサイト
- | 10:24 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://63boy.jugem.jp/trackback/197