わたしたちの社会

限りなくワイドショー的なニュース保管所
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
『詩とファンタジー』 やなせたかし責任編集
やなせたかし 再び投稿詩誌
2007年12月05日 asahi.com

やなせたかし 〈たてばシャックリ/すわればバタン(略)老化現象はげしくて/無理な仕事はおことわり/なのになぜまた責任編集〉

 画家やなせたかしさん(88)のこんな詩を巻頭に掲げて、季刊「詩とファンタジー 投稿詩とイラストレーション」(かまくら春秋社)が創刊された。

 宇野亜喜良さんらの幻想的なイラストと、三木卓さんら詩人の詩やエッセーが素人の作品と溶け合う。プロ・アマが二人三脚でつくるビジュアル詩誌である。

 やなせさんにとっては、30年間手がけた「詩とメルヘン」(サンリオ)に続く、再びの大仕事だ。同人誌ではなく、子どもでも詩に親しめる場を、と「メルヘン」誌の責任編集を始めたのは73年。投稿詩の選から原稿書きまですべて担当し、中高校生の間で人気を集めた。叙情的画風を持つ若手画家の育成にも貢献したが、次第に低迷し、03年に休刊した。


詩とファンタジー 「ところが、読者の一部が断固離れない。同窓会もあって、ぜひもう一度、という。僕なりに慎重に考え、とにかく思いきってやってみようと」

 今回は専従者が実務を担う。「僕は表紙を描いて頼まれた詩とかを書けばいい。でも複雑なんだよね」という。「もう体もだめなのに。こけつまろびつしたあの苦しみをまた味わってみたいような……。我ながら懲りないやつだ」

 全96ページ、840円。
スポンサーサイト
- | 18:29 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://63boy.jugem.jp/trackback/166