わたしたちの社会

限りなくワイドショー的なニュース保管所
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
  • 佐世保銃乱射事件
    masa (03/30)
  • 「加藤の乱」で分裂 古賀、谷垣派7年ぶり合流へ
    yamada (09/27)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
  • ブログで病院恫喝を告白 東大卒エリート社長がお詫び
    a (02/04)
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
都が出資の新銀行東京、累積赤字936億円に
2007年11月30日22時49分 asahi.com

 東京都が1000億円を出資してつくった新銀行東京が30日、9月中間決算を発表した。当期赤字は87億円で累積赤字は936億円に膨らみ、資本金(1187億円)の8割にのぼっている。09年度に予定している単年度の黒字転換は厳しい情勢だ。発案した石原慎太郎知事は「起死回生の妙案がそうざらにあるものじゃない」と語った。

 決算では、融資先の中小企業の経営悪化に伴う不良債権処理などの費用が計画より26億円多い71億円になり、赤字を膨らませた。不良債権比率は半期で6.42%から10.17%に上がった。本業のもうけを示す業務純益は33億円の赤字。貸出金金利や手数料などの収入21億円に対し、人件費などの経費が54億円だった。

 同行は今年3月期決算で当期赤字547億円、累積赤字が849億円となった。経営規模の縮小や店舗統合などのコスト削減で半期の赤字幅は縮めたものの、津島隆一代表執行役は「コスト改革や不良債権の圧縮をさらに進めていく」としている。

 石原知事は同日の定例会見で「経営状況は厳しく、もっとシビアに経営改善を進めていく必要がある」と話した。

     ◇

 〈田村晋一・UBS証券シニアアナリストの話〉 営業費用や不良債権処理費用をまかなう収入が無く、企業として成り立っていない。経費削減など努力の跡も見られるが、もうけが出ない状態で、回復の見込みは相当厳しい。
スポンサーサイト
- | 22:49 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。